ホーム > 3Delight, CG, RenderMan, コンピュータ > 3Delight環境整備

3Delight環境整備

metasequoiaonmac.png3Delight を触るにしても、データを作る際に全部 vi でゴリゴリやるわけにもいかないので、ちょっとしたモデリングと RIB エクスポートができる環境を用意することにしました。

とは言っても Mac の CG ソフトでフリーで RIB が出力できるものなんて Blender ぐらいしか知らないわけで。Blender ですかウムムムム…

そこでひらめいたのが  MikuInstaller。これを使って Metasequoia を動かせば万事解決です。Metasequoia なら RIB エキスポートできるし、昔に買ったライセンスがあるので追加の出費も必要ありません。

思いついたら即行動!!ということで MikuInstaller と Metasequoia をインストールしてみたら、アッサリと動いてしまいました。ほんと、意外なぐらい。更にサンプルデータを RIB で出力して 3Delight でレンダリングすると何も問題なくレンダリングされます。これはすごい!!

ただ、一つ問題があって Metasequoia が劇重ですw。OpenGL描画が有効になってると、まともにビューを動かすことができません。Configuration で OpenGL をオフにするとかなり軽くなりますが、それでもモッサリ感は残ります。これだったら VMWare 上で動かした方が軽快かも(笑。

第一歩としては悪くないですが、もうちょっと正攻法でいける方法を探した方がいい気がしますね。

カテゴリー: 3Delight, CG, RenderMan, コンピュータ タグ:
  1. tai
    2008 年 9 月 27 日 21:00 | #1

    Blenderだと結局エクスポータ探して引っ張ってこないといけないので、結構面倒かもしれません。。

    オープンソース界隈を探すとこんなのとか、デフォルトでRIB出力をサポートしているモデラーがぽつぽつありますよ。
    http://www.ayam3d.org/

  2. Tak.M
    2008 年 9 月 28 日 02:03 | #2

    MikuInstaller の情報ありがとうございます!
    狂喜乱舞で初音ミク使ってみました。当然問題なく動きました(笑)

    今まで Paralells で使ってましたが、Wine 上で動かした方が快適ですね。

  3. 2008 年 9 月 28 日 13:01 | #3

    taiさん>
    情報ありがとうございます!!>ayam3d
    最近は RIB 標準対応のモデラーなんてものもあるんですね。
    しかも、試したら ayam から直に 3Delight でレンダリングできる!!
    これはイイですね。

    Tak.M君>
    最近のWineはすごいことになってるね。十年ぐらい前に
    マインスイーパーが動いてウハウハ言ってたのが嘘みたいww

  1. トラックバックはまだありません。