Blender Physics Simulations and More”への4件のコメント

  1. 以前、Blenderで水系を頑張ってみましたが、当時つかってたのがXP32をチートした3GBメモリのマシンだったので、人様に見せれるレベルのシミュレーションに至ることが出来ず悔しい思いをしました。やはりこのデモのように8GBぐらい積まんと辛いってことですね。
    他の流体シミュレーションは使ったことがないのですが、RealFlowやクラカトアなどはXP32の3GBマシンでも実用に足る映像は生成可能なんでしょうか?

  2. 今さら見ました!コレが手軽にできるのなら、FumeやRealflowが不要になりますね!
    手軽にできれば。ためしてみたいなぁ~

  3. @oc_chang
    RealFlow もメモリ命なのでメモリはあったらある分だけスゴいものが作れます。

    Krakatoaもメモリは欲しいですけど、どちらかというとCPUパワーとストレージの問題が
    大きいですね。何せ、すぐに数十GBのデータを生成しちゃうのでw

    でも、どれだけメモリを積んでも慣れると足りなくなっちゃうんですよね(笑

  4. @tiraoka
    無料なのでぜひ!!手軽か・・・と言われると、独特の操作感に慣れる必要があるので
    それ次第ですw

    でも、ちょっとチュートリアルをやってカメラとオブジェクトの操作に慣れれば
    普通に使えますよ。幸いなことにビデオチュートリアルも結構YouTubeに
    上がってますし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です