ホーム > CG > Micropolygon Displacement Rendering with Mentalray

Micropolygon Displacement Rendering with Mentalray

mrdisplace.png

マイクロポリゴンのことを意識して使っていないデザイナーさんが意外と多いようなので Mentalray を使ってテストムービーを作ってみました。最初がディスプレイスメント無し、次が 3ds max のターボスムース+ディスプレイスメント、最後がMentalray のディスプレイスメントレンダリングです。

Mentalray以外は 3dsmax 標準のスキャンラインのデフォルトパラメータでレンダリングをして、Mentalrayはディスプレイスメントのエッジの長さを 0.5ピクセルにしてレンダリングしています。

こうやって比較すると Micropolygon の美しさが際立ちます。その分レンダリング時間はかなりの差がでますが…

昔々、RenderMan の解説で Micropolygon の話を読んだ時は衝撃だったんですが、今や大抵のレンダラに搭載されているんですね。max標準のスキャンライレンダラに搭載される日は来るのでしょうか…(絶対来ないだろうなぁ)

カテゴリー: CG タグ: