CG, KATANA

Importomatic ノードでアセットを読み込む(2)

昨日はアセット用 .abc ファイルと、それに使用する .klf ファイルを一つづつ選んでシーンを構築してみました。

が。

そんなことを実際のシーンでやっていたらめんどくさくて禿げちゃいます。アセット100個、名前を指定しながら読み込むとか無理デスヨネー。
しかも、Maya など前段階の作業でアセットの読み込みはしているため、どのアセットが必要なのか既にわかっているはずです。その情報をそのまま使いたいというのが人情です。

そんな時には XML ファイルを使用して Importomatic ノードでアセットを読み込むことができます。

まず、シーン構築用の XML ファイルを用意します。


<scenegraphXml name="Zombie_OnFire" version="0.1.0">
  <instanceList>
    <instance type="reference" name="zombie" refType="abc"
              refFile="/home/chiyama/Documents/katanta/scene_build/Zombie_OnFire_2B.abc">
      <xform value="1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1"/>
      <lookFile ref="/home/chiyama/Documents/katanta/scene_build/zombie_on_fire.klf" />
    </instance>
  </instanceList>
</scenegraphXml>

そして、これを Importomatic ノードで読み込みます。

無事にアセットは読み込まれたのですが、マテリアルがついてきていません。これは Scene Graph の階層構造が変わってしまってるためでしょう。この辺りは何度か手戻りを繰り返しながら良い感じになるように Lookdev 用ファイルを作り直したり XML ファイルをみなおして調整する必要があります。

まだちょっと調整が必要ではあるものの、これでレイアウトやアニメーションの時に作成した情報を元にアセットを集めてシーンを構築するためのメドがついたことになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です