CG, KATANA

OpScript を使ってアセットを読み込む

昨日の記事ではゴリゴリと Node Graph を編集する形でアセットを読み込む方向で進めてみたんですが、私のゴーストがこっちじゃないと囁くんでもうちょっとスマートな方法を調べてみることにします。

多分、KATANA 的にはショットシーンの雛形もあんまりゴリゴリ自動生成しないで、メタデータなりなんなりを読み込んで最初のシーンを構築するんじゃないかと思います。多分。

これには、OpScript で複数の .abc ファイルを読み込みつつ Scene Graph を構築する方法が確立できればいいんじゃないかということでチョチョッと調べます。

とりあえず .abc ファイルを一つだけ読み込むには

local argsGb = GroupBuilder()
abcFile = "/home/chiyama/Documents/usdtest/assets/Zombie_OnFire_2B.abc"
argsGb:set('fileName', StringAttribute(abcFile))
Interface.ExecOp('AlembicIn', argsGb:build())

こんなことをすればいいようです。

ExecOp で AlembicIn ノードを作ってデータを読み込んでいるっぽいことはわかったので、引数で良い感じにファイルを読み込む Scene Graph のパスを指定すれば複数のアセットを読み込むことができるんじゃないかとおもいます。

ちょっと謎なのが、KATANA でのノードの Alembic_In とは必要な引数名が異なるので、どのように読み替えればいいのかがわからないところです。

この部分が解決すればやりたいことはできるんでしょうが、生憎今日はここまでで閉店ガラガラ~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です