CG, KATANA

KATANA でコンストレイン

キーフレームアニメーションが出来たらコンストレインがしたくなります(よね?)。

コンストレインも KATANA 上ではノードとパスで指定することができます。コンストレインの種類に関してはマニュアルを見てみてください。

試しに、Teapot の回転から板の回転への接続をしてみました。

見ての通り、板の回転が Teapot に追従しています。ちなみに、コンストレイン元のオブジェクトを手で編集しても、コンストレイン先のオブジェクトがリアルタイムに更新されるわけではないようです。編集終了後、何らかのタイミングで更新されるようです。

ちなみに、今回はメインの流れから分岐してコンストレインを試したので、本流側のレンダリングをおこなうシーン上ではコンストレインはおこなわれていないです。


このように、ちょっと別のラインを作って試すことができるのはノードベースで処理しているメリットですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です