未分類

Windows10 で Alt-Tab を押したときにサムネイル表示をしないようにする

Windows10 で Alt-Tab を押してアクティブなウィンドウを切り替えようとすると、ウィンドウのサムネイル表示をするようになっています。これ、一見するとカッコよくてウィンドウの中身も見えるため切り替えがしやすそうなんですが、実際に触ってみると情報過多で見づらい上に、Alt-Tabを押してからウィンドウ一覧を表示するまでコンマ数秒の遅れが発生します。

ウィンドウの切り替えは頻繁かつ無意識に行う操作なので、このホンの少しの遅れが大きなストレスとなります。そのような場合、以下のコマンドを管理者権限つきのコマンドプロンプトから実行した後にエクスプローラを再起動すると従来の通りアイコン表示に切り替わります。

reg add HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer /v AltTabSettings /t REG_DWORD /reg:32 /d 1

Windows10 で Alt-Tab を押したときにサムネイル表示をしないようにする”への2件のコメント

  1. 検索で行き着きました。最近Windows10搭載PCに移行し、私もalt+tabででかいプレビューが表示されいまいちと思っていましたがおかげさまで小さいアイコンに変更できました。助かりました。

    1. ご報告ありがとうございます。無事に解決してよかったです。
      便利は便利なんですけど、イマイチなんですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です