Houdini

Houdini tutorial 進捗 – 08 Using Temperature

シミュレーションで計算した温度をレンダリング時の色に反映させる

  • dopImport で temperature を smoke_object/render に取り込む
  • シェーダネットワーク中の smokecolor を置き替える
  • temperature は float 値なので、 H9.5 で導入された Ramp でRGB 値に変換する
  • シェーダのパラメータGUIを編集したい時は、右上の歯車アイコンボタンを押して”Edit Parameter Interface”
  • パラメータのGUIを更新するのは右クリックで”Promote Material Parameters”
  • どのような温度が使われても大丈夫なように、Fit Range  と Clamp で正規化しておくと便利。
  • volumemax/volumemin 関数で、Volume の最大/最小値を取得できる。

null を smoke_object の中に置いただけだけど、何か影響するの?単に”こんなことできるよー”っていう説明しただけ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です