3ds max, Programming

Py3dsMaxでmaxの特殊な引数への対応

max script で各種操作を行う際によく目にする、# 付きのパラメータ(named parameter? name type?)を Py3dsMax で扱うためのメモ。

本家のドキュメントの Type Conversion でも簡単には触れられているのですが、 “testing” という文字列を #testing という名前としての値に変換するには max script では


"testing" as name
#testing

とし、同様のことを Py3dsmax で行うには


>>> mxs.pyhelper.namify("testing")
#testing

とします。ここまでは OK。で、ここからが疑問で、関数への引数として渡すには? ということが書いてないです。どうすればいいんでしょう?

答えとしては単純で、namify された値をそのまま渡せばいけました。これに気づくまで、わざわざ max script のコードを生成してそれを実行してましたよ。。。。。

たとえば、確認ダイアログを出さないでシーンをリセットする場合。


noPrompt = mxs.pyhelper.namify('noPrompt')
mxs.resetMaxFile(noPrompt)

こんな感じです。メンドクサイですけど、しかたないですね、、、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です