Programming, コンピュータ

fltk bug on OSX

fltkを OSX で使うために最新のリビジョンをビルドしたものの、テキスト編集まわりの挙動がどうにもおかしい。
カーソルを動かせばゴミが残るし、エディタなんかになると表示がボロボロに崩れて使えたものじゃない。
正式リリースじゃないしテキスト入力系のバグはよくあるのでとりあえず調査開始。

 ・Windows でビルドすると?
最新版じゃビルドできないww。ML のアーカイブを見ると、Windows 版では対応していない機能が最近追加されたらしい。追加される前のリビジョンでテストするとうまく動く。OSX ではやっぱりダメ。

 ・もっと古いリビジョンを試す
かなり古いものを持ってきても症状は同じ。

 ・src をいじる
Windows で OK で OSX で NG  なので、怪しいのは src/osx の中。問題のあるウィジェットのソースを見てるとFont.cxx の中の getwidth() 関数が怪しそう。OSX のテキスト処理とか詳しくないし調べるのもメンドいので、とりあえず返り値の数字をいじってみる→思った通りに挙動が変わる。更に、7.201172 とかキリの悪い数字を返していることもわかる。この時点で嫌な予感。

 ・TextDisplay.cxx に戻る
予想通り、getwidth() の返り値を int でキャストしてる(ぎゃー!!。これが原因か。半端な数字が丸められて、結果カーソル位置の計算がずれるっぽい。
これを直すのは面倒臭そう。キャストするのをやめるだけで直ればいいんだけど、それだけで足りるかなぁ。

とりあえず今日はここで力尽きたのでやめ。あんまりにも面倒臭そうだったら fltk-ml に丸投げするかw

というか、OSX でちゃんと使ってる人は誰もいないの!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です