書評

Joel on Software

Joel on Software

世界的にも有名な blog, “Joel on Software” から抜粋された記事の日本語訳が最近出て,世間でも結構評判が 良いようなので私も買ってみた.

基本的には Web に書かれている内容のままなので, 英文でよければほとんどの記事が読めるのだけれども, 各種校正が入っている日本語文章として手元にあるというのはいろいろありがたいのだ.私もまだ頭の数章しか読んでいないのだけれども, プロジェクトマネージメントの勘所(とプログラマの生態)をさっくりと理解するにはとてもいい本ではないかと思う.

書かれている内容自体は,私の中では結構あたりまえに近い話も多い(そのうちのいくつかは氏の blog で知った概念も入っているが…)ので新鮮さは少ないものの, こういった分野について今まで関心を持っていなかったような人には目から鱗がボロボロと音を立てて落ちるような感動を覚えるだろう.

本書は主にプログラム開発の現場を仕切る人たちの為に書かれているのだが,意外と CG プロダクションでも流用できる概念が多いので,会社のマネージャクラスの 人にも読んでもらいたいなぁと思う部分が多々ある.

…というか,絶対に読んで欲しいと思う人が 2,3 人頭に浮かんでいる.まあその人たちが読んだからといってピンと 来るかどうかはわからないのだけれど.むしろ,ピンと来ないとしたらそこに問題が潜んでいるとも言える.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です