コンピュータ

TMPDIRの怪

自宅 Mac を Leopard に変えてからいろいろとトラブルが起きているんですが、その中で一番不可解なのが謎の TMPDIR 環境変数。

chiyama@lain:/etc[121]% echo $TMPDIR
/var/folders/Jo/Jonjry+EHaeb9BGfWDzB2k+++TI/-Tmp-/

‘+’ が入ってたりして気持ち悪いなぁとかもあるんですが、一番の問題はこのディレクトリの権限が 700 になっていて、オーナーしかアクセスできないところです。

この TMPDIR 、OS のどこかで設定されているらしくていろいろなプログラムの起動のタイミングによってオーナーが変わることがあるみたいです。すると、他のプログラムはこのディレクトリが使えなくなってしまうのでいろいろ困ったことになるんですね。

一通りググってみたんですが根本的な解決策が見つからない状態で、しかたがないので手動で

chiyama@lain:/etc[122]% sudo chmod 775 $TMPDIR

とパーミッションを変更して凌いでいます。でも、これって OS が再起動する度に戻っちゃうんですよね…何かいい解決策はないものなんでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です